風俗嬢とLINEしたいんだけど…?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
風俗嬢とLINEしてOK?

デリヘルソープなどで好みの風俗嬢を見つけて、その娘だけを指名して遊んでいると、ついつい「風俗嬢に惚れてしまう」ことがある。筆者も、その事で喜び、悩み、時には苦しんだりした。風俗嬢はあくまでも金を払ったからこそ会える娘。惚れていいのか?と自問自答を繰り返した。さて、嬢に惚れてしまうと、ついつい、「その娘と特別な関係になりたい」と思ってしまう。特に、彼女のプライベートな一面を知りたい連絡先を知りたくなる。一昔前だと「メール」、最近だと「LINE」を嬢としたいと。さて、本記事では、風俗嬢とLINEをしたくなったら、どうするか?果たして、風俗嬢とLINEをしていいのか?などの疑問に答えたいと思う。

客から風俗嬢の連絡先を聞くのは「禁止事項」

風俗嬢と「LINEの交換」など、連絡先を聞きたいと思っている方にまず知ってもらいたいのは、風俗において女の子から連絡先を知ろうとするのは店舗の禁止事項である場合がほとんどだ、ということだ。店舗は女の子を手間暇かけて管理し、客に「ある一定時間の出会い」を売っている。もし、客と女の子が自由に連絡先を交換しても良いとしたら、勝手に客が「店舗を通さないで」嬢と会う、なんてことが起こりうる。これでは、店側に利益が全くなくなってしまうのだ。

例えば、以下は新宿のデリヘル「JKスタイル」のホームページからのスクリーンショットだ。このように、風俗店にとって「禁止事項」となっている。

風俗嬢と連絡先の交換はNG

風俗嬢と連絡先の交換は禁止事項

女の子が教えてくれることもある

とはいえ、デリヘル店が「本番禁止」を掲げていても、「女の子との同意の上で」本番行為が行われているのと似たように、連絡先の交換は起こりうる。特に、ソープと箱ヘルでは、女の子から教えてくれることが多い。

名刺にメアドを書いて渡してくれる

女の子が連絡先を押してくれる際は、「名刺」にメアドを書いてくれる

ここで言う名刺とは、ソープランドや箱ヘルなどでよく用いられる「店名と女の子の名前が入った」名刺である。基本、初回のプレイが終わった後に、「(私のことを忘れないで)また来てくださいね」という意味合いで渡される。客が洋服に着替えている間、嬢がそこに手書きのメッセージを書いてくれたりする。まぁ、言ってしまえば営業用のカードだ。

ソープや箱ヘルなどで初回時に、女の子が名刺をくれることがある

ソープや箱ヘルなどで初回時に、女の子が名刺をくれることがある

その名刺に、メッセージと共に「メアド」が書かれていることがある。これで、男側からわざわざ聞かなくとも、連絡先をゲット出来るのだ。

営業のための「手段」かも…

このように、初めて入ったソープ嬢やヘルス嬢から簡単にメアドをもらえるわけだが、「簡単」なだけに、それは営業のために使われるであろう。

つまり、嬢が「本指名」をたくさん取るために、メールで催促してくるかも…ということだ。

実際、名刺に書いて渡されるメアドはdocoomoやSoftBankなどのキャリアメールではなく、Gmailであたかも、営業用に取ったであろうアドレスであったりする。

とはいえ、いくら嬢が指名を取りたいからとはいえ、メアドをくれたということは「あなたに指名されたい」ことの証だ。このことは単純に喜んで良いだろう。それに営業の目的があろうとも、筆者が連絡をした風俗嬢は皆、快い返答をしてくれた。

メアドを教えてくれたのは「営業の要素が含まれている」と把握しつつ、嬢と連絡を取り合えば良い。

高級デリヘル嬢と天蓋円盤

筆者が吉原の高級ソープ店で出会った娘の話をしよう。

彼女からも、初回時にメアドの書かれた名刺をもらった。おしとやかな雰囲気が可愛らしかったので、連絡を取っていると、天蓋で会おうという話になった。天蓋とは、そのまま「店外デート」のことで、この場合ソープ店以外の場所で、嬢と会うことを指す(これも禁止事項である)。

しかし、その誘いには条件が付いていた。彼女が在籍する高級ソープ店を利用する時と同じ値段を払って欲しいと言われたのだ。ちなみに、「65,000円」であった(さすが高級店)。

まぁ、支払う値段は変わらないからな…

と筆者は彼女と渋谷で待ち合わせをして、そのまま円山町のラブホでセックスをした。天蓋円盤という珍しいケースを体験したのだ。

メアドは交換してくれるが、LINEは難しい

さて、メールの話ばかりしてきた。肝心のLINEについて話そう。結論を言うと、箱ヘルやソープ嬢からメアドをもらうのは(上記のように)簡単だが、LINEの交換は難しい。

風俗嬢からメアドを交換するのは楽だけど、LINEは難しい

風俗嬢からメアドを交換するのは楽だけど、LINEは難しい

メールの場合、Gmailなどのフリーメールを活用すれば、一人でいくらでも作れる。ところが、LINEの場合は、「電話番号ひとつにつき」もしくは「端末ごと」と、アカウントを持てる数が限れられている。よって、風俗嬢がLINEを交換するとなると、「完全にプライベートで使っている」LINEアカウントを客に晒すこととなる。これは、いくらあなたが嬢に対し、優しくても、プレイが巧くても、まず嬢は嫌がるだろう。

このように、メアドを教えてもらうのと、LINEの交換をするのとでは「難易度」が変わってくるのだ。

客から聞く+LINEを交換するのは、相当仲良くなってから

以下のケースで、連絡先を交換したいと思っているのなら、しばらく通って相当仲良くなったのであれば、嬢に「LINE交換しよう」と提案していいだろう。

  • ソープや箱ヘルではなく、デリヘル嬢と連絡先を交換したい(デリヘルはソープと違いメアドを渡す文化はない)
  • メールじゃなくてLINEをしたい

もし対象の風俗嬢と、相性が良くなかったり、まだギクシャクしているならやめておこう。嫌われてしまう原因となる。

10年前に入った箱ヘル嬢と未だにLINEしている話

ここで筆者の体験談をもう一つ。10年ほど前に入ったファッションヘルスの嬢と未だに連絡をやりとりしている。方法はLINEだ

彼女とは、最初の入った時から意気投合し、プレイ時間は「背中サワサワプレイ」や「歯医者さんゴッコ」で盛り上がった。いつの頃か、メアドと電話番号を教えてもらい軽いメールのやりとりをするようになった。とはいえ、ヘルス店なので基盤はしなかった。そこのルールは守ったのだ。

筆者が都内へ引越すと、そのヘルスには行くことがなくなり、彼女も在籍から消えていた。

3年ほど前に、Facebookが流行った時に見慣れない名前が「あなたの友達かも」という欄に出てきた。よく思い出してみると、以前入ったヘルスの彼女である。彼女の本名をヘルス時代に聞いていたので、間違いはなかった。早速友達申請をすると、メッセージをやり取りするようになった。彼女は風俗から足を洗い、結婚し、子供でき、すっかり「ママ」となっていて関心をした。あれやこれやと共通の趣味で話が盛り上がると、いつの間にかLINEでメッセージをやりとりするようになっていたというわけだ。

これだけLINEでやり取りしているとはいえ、彼女とは「彼女が在籍していたヘルス店」以外では会ったことがない。

はぁ… その娘と一度は、本番がしたかったなぁ

彼女はもうすでに33歳である。

風俗嬢を「本気で好きになる」のは禁物

風俗嬢とLINEをしたい。店以外で連絡を取り合いたい。

その気持ちは分かるし、筆者もやってきたことである。

でも、本気に好きになってしまう(付き合いたいと思う、もしくはストーカーに近い行為に出る)のは危険だ。なぜなら、風俗嬢はあくまで「お金を稼ぐために」フェラチオやアナル舐めをしているのである。その感覚で「初めてであった」あなたに対し、恋愛感情は沸かないだろう。

風俗嬢とは割り切った関係で。でも、連絡先を教えてもらったら、素直に「喜ぶ」。そして、本気にならない。

まとめ

以上、風俗で出会った女の子とLINEやメールなどの連絡をするのはOKか?そもそも出来るのか?について語ってきた。

何百店舗と風俗店を巡ってきた筆者も、例で挙げたようなケースでしか、風俗嬢とLINEをしたことがない。なので、非常に難しいことである。風俗へ行ったら、「風俗らしく」そのプレイ時間を目一杯楽しむ。ひとまず、それが良いだろうと筆者は思うのであった。

関連記事

風俗ではなくとも「風俗っぽい」遊びは出会い系で出来る。仲良くなればLINEもし放題だ。興味のある方は以下のエントリーを参考にしてもらいたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ライブチャット ライブチャットで恋愛体験!?


SNSでもご購読できます。