「デリヘルの呼び方」を7つのステップで理解する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
デリヘル利用の流れを7つのステップで理解

デリヘル」…その響きに心躍る風俗初心者も多いだろう。他のどの風俗ジャンルよりも店舗数が多く、「デリバリー」、つまり「嬢が来てくれる」ので、慣れてしまえば利用するのは容易な風俗だ。ところが、初心者、もしくは風俗経験の浅い男性にとって、デリヘルを呼ぶことは難しいことかもしれない。特に「流れ」を知っていないと、心理的な障壁が高い。そこで今回は、そんなデリヘルの利用の流れを7つの手順として解説をしてみたい。

1. 利用する店舗を決める

まずは、利用するデリヘル店をインターネットを使って探そう。最初にチェックするポイントは「プレイする場所までデリバリーしてくれる店かどうか?」である。極端なことを言えば、大阪に住んでおきながら東京のデリヘルを利用するのは「ほぼ」不可能だろう。デリバリー可能な地域を、どこのデリヘルもホームページに掲載しているので、それをチェックしよう。

渋谷のデリヘル「SNOOP」のHPより

渋谷のデリヘル「SNOOP」のHPより

デリヘル店のHPにある「システム」という欄を表示すれば、時間ごとの料金が掲載されている。予算に合わせて、店とコースを決めよう。

なお、優良なデリヘル店を見分ける方法については、以下のエントリーで詳しく解説をしている。合わせてご覧いただきたい。

2. 予約をする

遊んでみたい店舗が見つかったら、予約をしよう。最近では、「LINEで予約が出来る」店舗も増えてきたが、基本的に電話をかけることとなる。初心者にとっては、「どんな人が出るのだろうか…」と臆病になりがちであるが、心配することはない。あなたはデリヘルを利用する「」である。多少、無愛想な店員もいるが、優しく接してくれる店員さんは多い。

デリヘル店に電話だ

もし、店舗の「スケジュール」ページなどで、プレイしたい女の子が出勤していたら、「指名」することをオススメする。その場合、写真指名となり、費用が1,000円程度、加算される。「どうせなら、好みの娘とした方が良い」というのが、筆者の方針である。特に目当ての娘がいなければ、フリーで遊ぶのも良いだろう。

デリヘルの電話で店員と話すことは以下のような内容となる。

  • いつ、誰と(気に入った娘がいれば)、遊びたいのか?を伝える
  • 店員さんが嬢の出勤・予約状況を確認する
  • 店員さんが女の子のプレイ可能時間を伝える
  • コース(60分か?90分か?…)を決める
  • オプションの有無などを決める
  • 総額を確認する
  • ホテルもしくは自宅到着時刻を確認する

なお、総額を確認する際、風俗ポータルサイトを「見た」と言うと割引になる店舗がたくさんある。シティヘブン・ネットや、風俗じゃぱんなどのサイトだ。かなりお得なので、忘れずに伝えよう。

風俗じゃぱんの割引チケット

風俗じゃぱんの割引チケット

3. 確認の電話をする

予約の電話から、利用までにおおよそ「2時間以上」間がある場合は、1時間〜30分前を目安に、店舗に確認の電話を入れるのが通例だ。その必要がある場合は、予約時にデリヘル店から告げられる。

先ほど、20時からXXXちゃん予約した者です。

と再び、店舗へ電話をしよう。これで、より正確で詳しい、嬢の到着時間を知ることが出来たりする。

4. 部屋を用意する

自室に呼ぶ人は、部屋を整理整頓して気長に待とう。

ラブホにデリヘルを呼ぶ場合は、このタイミングでラブホに入室する。そして、再度、店舗に電話連絡し、入室したホテル名と部屋番号を伝えよう。

すると、いよいよ、女の子がやってくる。

5. 女の子と対面し、料金を支払う

ドライバーさんが嬢を連れて、あなたの部屋にやってくる。HPの写真より「劣る」からと言って、すぐに落胆はしないようにしよう。話したり、プレイしていると、嬢の良さが分かるかもしれない。

さて、女の子が部屋に到着してまず行うのは、料金の支払いだ。

先に、お金いいですか?

と嬢が聞いてくるので、気前よく払ってあげよう。お釣りを持っていなかったり、先程、電話で店員さんが言っていた額と異なっていたりと、トラブルが発生しやすい場面であるが、女の子経由で店舗に連絡すれば対処してくれる。慌てないように。

6. プレイ

嬢が「10分前に鳴るように」タイマーをセットして、プレイがスタート。ルールを守って、存分に楽しんでもらいたい。

風俗タイマー

7. お別れ

タイマーが鳴って、二人でシャワーを浴びて、着替えをする。ここらで、お別れの時間だ。ホテルや自宅の前には既に、ドライバーさんが運転するお迎えの車がスタンバっているだろう。自宅の場合は、玄関でさようなら。ラブホで休憩利用の場合は、一緒に退出したタイミングでさようなら。

「また、この娘と遊びたい!」と思ったら、是非リピートしてあげよう!

デリヘルの利用法、まとめ

以上、かなり基本的な「デリヘルの利用の流れ」を7つのステップに分けて、解説してきた。筆者にとっては「簡単」なことでも、経験がなければ、やっぱり不安だったり、少々怖いことかもしれない。けれど、「デリヘルを呼びたい!」と思って、しっかりと軍資金を手にしているのであれば、あなたは立派なお客さんである。店員も嬢もきっと気持ちよくしてくれる。本記事を参考に、勇気を持って、デリヘルを呼んでもらいたい。

オススメの関連記事

本サイトではデリヘルで遊ぶにあたって他にも役に立つ記事を掲載している。例えば以下だ。参考にしてもらいたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。