初心者がピンサロで遊ぶための「たった」3つの手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
初心者がピンサロで遊ぶための「たった」3つの流れ

お金を払ってエッチなことをしたい、つまり風俗へ行きたい漢にとってピンサロはもっともお手軽な風俗である。「安い・近い・短い」と三拍子揃っている(この場合「短い」というのはいい意味で捉えている)。特に風俗初心者にとっては格好の「風俗童貞を捨てるため」のお店と言っていいだろう。さて風俗玄人として、少々乱暴にピンサロでの遊び方を教えるならば「スリーステップ」が全てだ。つまり「行く・金を払う・プレイする」。これだけだ。しかし、それだけではイメージがつきにくいだろう。ではピンサロで遊ぶためのそれぞれの流れを紹介していく。

ピンサロについて

まずはピンサロとはそのような風俗か簡単にオーバービューしていこう。蛇足だが、ピンサロとは「ピンクサロン」の略であるが、皆が「ピンサロ」という省略した名称で呼ぶので気にしなくてよい。

プレイ内容

ピンサロのプレイ時間は短く、だいたい30分間が普通だ。プレイする場所は畳一畳〜二畳程度と狭く、一室を低い壁で仕切ったブースで行われる。このブース内の様子は立ち上がった店員から丸見えだし、耳をすませば隣のブースの会話も聞こえてくる。安い分、このような「最低限の」スペースでプレイをすることは予め知っておいた方がよい。

ちなみに、ブースを仕切る壁が低いのでピンサロの店員さんは「禁則行為」をしていないかを確認することとなる。禁則行為とは本番やアドレス交換などだ。

時間が短く、スペースが狭いこともあり、女の子からフェラチオをしてもらうのが基本的なプレイだ。シャワーを浴びることが出来ないため、おしぼりや消毒スプレーで陰部などを拭いてもらった後、キス・おっぱいを揉む・乳首を舐めてもらう・ひたすらフェラチオという流れ。フィニッシュももちろんフェラチオ。デリヘルや箱ヘルではNGの嬢や店舗もあるが、ピンサロに至っては口内射精OKである。思う存分、嬢の口の中に出してもらいたい。

ピンサロがある場所

ピンサロはいたるところにある。注意深く街を眺めればJRや私鉄の駅周辺で見かけることが出来る。よっぽどローカルな路線でなければ、あなたの最寄り駅にもピンサロは存在しているのだ。

珍しい例を挙げると、筆者は成田駅(JR京成成田線・京成本線)のすぐ近くにあるピンサロに入ったこと経験がある。当時筆者は、海外へ行く用事があり成田空港まで行かなくてはならなかった。飛行機の出発の時間が朝早かったので成田駅近くのホテルで前泊をしたのだが、その晩の出来事であった。成田駅にはいわゆる「駅ビル」といったものは皆無で、そこはとても小さな街だった。あやしい看板を見かけると、

「こんなところにもピンサロがあるんだ〜」

と関心して思わず入った。ちなみに相手をしてくれた娘はおっぱいが小さかったものの、おっとりとした気立ての良い娘だった。そのおかげでスッキリしてから飛行機に乗ることが出来た。

予算

ピンサロの利用料金は他の風俗ジャンルと比べると非常に安い。いや、他のジャンルと比べなくとも「快楽を得るためのコスパ」に優れている。

30分、5,000円である

時間帯や曜日・祝日か否かによって左右されるが、たいていこの値段で入れる。5,000円でフェラチオしてくれて、口の中に発射出来るとなるとやはりピンサロは安い。

他の風俗ジャンルとの比較

上記した通り、他の風俗ジャンルと比較するとピンサロはどこにでもあるから利用しやすく、さらに安い、という特徴がある。また、プレイ時間が短く、デリヘルやホテヘルのように部屋を借りてわざわざそこへ移動しなくて済むため「」でもある。内容にコダワリがなければ、ピンサロは一番利用しやすい風俗ジャンルだ。風俗初心者の入門としてもオススメ出来る。

ピンサロ遊びの流れ

今回はピンサロで遊ぶための「流れ」を大雑把に分けた。ピンサロで遊ぶのは金銭的な意味でも、手間的な意味でもリスクが少ない。よって、そこでまで気負わずに利用してもらいたいからだ。以下を読んである程度ピンサロについてのイメージをしてもらい、実行して欲しい。

1. 店に行く

一番目は「店に行く」。簡単だけど、決心が必要なことである。風俗童貞を捨てるためにピンサロというジャンルを選んだのであればなおさら勇気が必要になる。いくら「他の風俗よりもお手軽だよ」と言ったところで、風俗に行ったことがなければ説得力がない。ではなるべくピンサロがどんな雰囲気の店なのかを想像出来るよう、以下に外見的な特徴をピックアップする。

  • 店名が書かれたパネルや小ぶりの看板が路地に出てる
  • 雑居ビルの中によくある
  • 表立って「ピンサロ」とは書かれていなかったりする
  • 店内は暗く、ブラックライトを使用している店もある
  • 大音量で音楽が流れている(ユーロビートなどアップテンポなもの)
  • 受付はカウンターテーブルを利用した簡素なものが多い
  • 出勤している女の子の写真を張り出すところもあれば、店員が奥から出してくるパターンもある
  • 待合室というよりちょっとした「待合いスペース」がある
  • 結構お客さんとすれ違う

どうだろう。少しはイメージ出来ただろうか?

2. 受付をする

店に着いたら迷うことなく受付を済ませよう。初心者は女の子の指名などせずに、フリーで入るのが鉄則だ。指名すると追加料金が取られるし、筆者の経験によればピンサロの場合「指名をしても女の子の質はさほど変わらない」からである。

受付はお金を支払って、店員さんの説明を受けるだけ。店員さんから爪が伸びてすぎていないか確認されるので事前に爪を切ってから向かうとよいだろう。爪チェックが終われば、ブースへ案内される。後から女の子が来るので、束の間の時間だが、くつろいでいよう。

3. プレイ

ブースに女の子が入ってくるとプレイ開始。というか準備。まずは自己紹介から始まるので、気さくに対応しよう。次に服を脱ぐように促されるので、とりあえず全部脱ぐ(当初は上半身のみの場合もある)。女の子はそれと同時並行でおしぼりタオルを用意。脱ぎ終わったら、手先から陰部までキレイに拭いてくれる。これがシャワーの代わりというわけだ。

準備が終わったら、今度こそプレイが始まる。女の子主導で行わるので、初心者は身を任せればよい。プレイ自体は実際に店に行って楽しんでもらいたいので詳細な記述は避けるが、濃厚なペッティングが味わえるだろう。

一つだけ注意事項。禁則事項は必ず守ろう。ピンサロでの本番は当然禁止だ。とりわけ「本番強要」は女の子が嫌がることだし、部屋中をウロウロしている店員にすぐ見つかって厳しい罰を受けることになる。まぁ、多少過激なプレイは嬢との同意があれば問題ない。筆者は必殺技の吸い付きクンニを彼女らにくわらせ、潮を吹かせてブース内を「潮浸し」にしたこともある。

おまけ. 終わりへ

時間は女の子が管理していくれている。そこはプロだ。自然とプレイタイムの後半にイカせてくれて、おしぼりでお掃除。服を着ている間にタイムアップとなる。すると女の子が手を取って、出口まで送ってくれる。これにて、あなたのピンサロ体験は終了だ。

終わったら直帰するのもアリだし、ラーメンでも食べて腹を満たすのもアリ。ピンサロがあるのは駅の近くだ。それなりに美味しいごはん屋さんもたくさんある。

まとめ「ピンサロに行ってみよう」

ピンサロで遊ぶ流れを「行く・受付する・プレイ」の3つに分けて紹介してきた。冒頭で書いたとおりピンサロは「安い・近い・短い」と三拍子揃った最もお手軽な風俗だ。まだ行ったことのない方は、本記事を参考にイメージを膨らませ、足を運ぶことを強くオススメする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ライブチャット ライブチャットで恋愛体験!?


SNSでもご購読できます。