風俗の料金相場を「ソープ」や「デリヘル」などジャンル別に解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
風俗の料金相場を解説

風俗初心者にとって、最も気になることは「いくらかかるのか?」というお金にまつわる点だろう。お金を払ってこそ、エッチなことが出来る風俗なわけであって、例えば、ちんこをしゃぶってもらうのにも軍資金が必要だ。この「風俗の料金相場感」というのが、最初は分かりにくい。実際のところ、格安な(地雷)箱ヘルから、高級デリヘルまで値段は様々である。本エントリーでは、筆者の風俗体験に基づき、「ソープランド」、「デリヘル」などのジャンル別に風俗の料金相場を解説する。

ジャンルによる料金相場の違い

狭いプレイスペースでフェラチオフィニッシュが基本の「ピンサロ」に比べると、当然、本番が出来る「ソープ」の方が料金は高くなる。つまり風俗ジャンルによって必要な料金/相場は変わる。まずは、この点を心得ておこう。「ジャンル」と呼んでいる、「ソープ」や「デリヘル」と言った風俗の種類については、本サイトの以下の記事を参考にしてもらいたい。

ところで…、基本的に「本番NG」のデリヘルでも、高級ソープを上回る金額が必要な「高級デリヘル」なんてものも世の中には存在したりする。一概に「ソープ」だから高いとも言えないのだ。まぁ、これはレアケース。今回は、初心者向けに、各ジャンルにおいての「平均的な相場料金」、「利用目安の料金」を紹介していきたい。

ソープランド

  • 相場: 20,000円〜80,000円
  • 初心者利用目安: 25,000円〜35,000円

各種風俗ジャンルの中でも唯一本番が出来る風俗、ソープランド。「格安店」、「中級店」、「高級店」と3段階にランク付けされることが多い。高級店は65,000円〜80,000円超えと初心者なら「驚くほど」高い。だが、関東なら吉原、川崎などに優良な格安店や中級店がいくつかある。初めての利用ならば「22,000円〜30,000円代」を目安に店を探せばだろう。十分可愛くて若い娘はいるし、この値段で60〜90分のプレイタイムが確保出来る。「リピしたい」ほど良い娘が見つかれば、後述するデリヘルなどよりも安上がりで、かつ「本番」を楽しめる。

なお、ホームページや看板などで「入浴料」と記載がある価格は、実際に支払う料金の総額ではない。遊ぶ前にしっかりと店舗に確認しよう。なお、総額は、入浴料の3倍程度が目安である。

東京ソープ徹底攻略による吉原ソープ店の料金表

東京ソープ徹底攻略による吉原ソープ店の料金表

ファッションヘルス

  • 相場: 15,000円〜25,000円
  • 初心者利用目安: 20,000円

通称「箱ヘル」と呼ばれる店舗型のヘルス。本番以外なら大抵なんでも出来る。ソープのように特にランク付けがないが、店ごとに微妙に料金が異なる。一般的なのは指名料などを合わせて「60分で、20,000円弱」。風俗初心者ならば、「50分」のコースを選んで、2万円でおつりが来る程度に抑えても良いだろう。以下が、横浜ハレ系の「ハマヘル同好会」の例だ。

ハマヘル同好会、料金表

ハマヘル同好会、料金表

利用時間帯によっても、料金設定が違ってくる。利用のしやすい「夕方以降」を選んで、女の子を指名し、50分コースを選べば、合計「16,500円」でプレイ可能

箱ヘルの場合、デリヘルやホテヘルと比べプレイルーム代金が要らないので、安く済む。

デリバリーヘルス

  • 相場: 18,000円〜38,000円
  • 初心者利用目安: 25,000円

デリヘルの場合、相場と言っても、店舗のコンセプトによってだいぶ差が激しい。ソープほど明確に分かれていないのだが、格安店からミドルクラス、そして高級デリヘルが存在する。また、店舗の場所から、客が利用するホテルや自室までが離れてると「交通費」が上乗せされる。なにより、ラブホテルを利用する場合は部屋料が別途必要だ。

初心者の場合、ミドルランクの店を60分から75分利用するのをオススメする。すると、デリヘル店に払う総額が「25,000円」程度になる。以下が、渋谷の「ギャル系」デリヘル「ギンギラ東京」の料金表だ。

ギンギラ東京、料金表

ギンギラ東京、料金表

60分コースで、入会金、指名料合わせて「22,000円」だ。もし、シティヘブンやぴゅあらばなどの風俗ポータルサイトで「クーポン」が発行されていたら、電話連絡でその旨を伝えると数千円お得に利用可能になる。

自分の部屋に呼ばずに、ラブホテルでのプレイとなれば、部屋料がかかる。例えば、新宿・歌舞伎町のホテルで休憩利用ならば「3,000円〜7,000円」程度となるだろう。

ホテヘル

  • 相場: 18,000円〜30,000円
  • 初心者利用目安: 20,000円

リアル店舗で受付をして、近場のラブホorプレイルームで遊ぶホテヘルの料金相場。デリヘルの格安店〜ミドルクラスの料金とあまり変わらないイメージで良いだろう。ホテヘルの場合は、「やたらと高い」店が存在しないので、店選びの際に安心出来るかもしれない。

60分利用、指名料など合わせて「20,000円」。それに加えて、プレイルーム代が「3,000円」くらいが初心者にとって妥当な価格だ。

ホテヘル側が手配してくれるホテルは、割安なので、これも安心要素の一つだ。

ピンクサロン

  • 相場: 5,000円〜8,000円
  • 初心者利用目安: 6,000円

ピンサロは、時間が短くプレイスペースも狭い。やれることが限られてくるので、当然安い。初心者でもあまり構えずにフラッと行って、30分マンツーマンでプレイすれば良いだろう。以下は五反田のピンサロ、ハイパーエボリューションの例だ。

ハイパーエボリューション、料金表

ハイパーエボリューション、料金表

昼間の早い時間に行けば、6,200円で、ひと抜き出来る

マッサージ

  • 相場: 10,000円〜23,000円
  • 初心者利用目安: 12,000円

風俗店の「マッサージ」も今回ピックアップした。以前紹介したチャイエスの場合と、日本人が施術してくれるメンズエステとでは、料金が大きく異る。初心者には、チャイエスが安くてオススメ。筆者が利用しているチャイエスでは、90分で12,000円と長時間で安く、かつスペシャルがある。

(JK風)リフレ

  • 相場: 5,000円〜???円
  • 初心者利用目安: ???円

これもまた「風俗店ではない」ジャンルである。女の子がアロママッサージをしてくれたり、一緒に「お散歩」してくれたりするリフレの料金は、60分「5,000円」程度からと安い。とはいえ、正規オプション、もしくは裏オプに手を出すと事情はまた変わってくる。この件については初心者にはちょいとハードルが高いかもしれない。今後、本サイトで解説していく。

「ジャンル別」風俗の料金相場、まとめ

以上、風俗ジャンルごとに料金の相場と、初心者向けに目安の価格を紹介してきた。値段が違えど、どの風俗ジャンルを選ぶか?はその人の性癖や、シチュエーション、気分などに左右される。「今」の自分に最適な風俗を選ぼう。繰り返しになるが、以下のエントリーに各風俗ジャンルの特徴をまとめてあるので、参考にしてもらいたい。

本記事を参考に、無駄な出費を抑えつつ、適正な価格で風俗を楽しもう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。