ホテヘルの正しい利用方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ホテヘルの正しい利用方法

一番最初に、ホテヘルで遊ぼうと思った時、利用方法が分からなかった。デリヘルはその名の通り、「デリバリーされて」女の子が自室かラブホにやって来る。ファッションヘルスは通称「箱ヘル」と呼ばれているように、店舗(箱)でプレイをする。では、ホテヘルは? 「『ホテ』ってことはラブホテルで遊ぶの?」「ってことはデリヘルと同じじゃない?」… なんて、思うかもしれない!…何を隠そう、筆者もそう思ったのだ。そこで、今回は、デリヘルとも箱ヘルとも違う、ホテヘルの利用の流れを紹介する。

ホテヘルとは?

まず、簡潔に「ホテヘル」について解説しよう。

ホテヘルとは、受付のみ実店舗が存在し、女の子と対面してプレイするのには、ラブホやプレイルームを利用する形態の風俗店である。つまり、無店舗型のデリヘルや、プレイを店内で行うファッションヘルスとは異なるジャンルである。ちなみに、以下のエントリーでは、風俗のジャンルを項目別に解説してあるので、参考にしてほしい。

ホテヘルがある場所

ホテヘルの店舗がある場所、及びプレイ出来る場所は限られる。デリヘルのように「どこでも」あるわけではない。例えば、都内だと、池袋にはホテヘルが多数存在する

池袋の他にも、「五反田」、「渋谷」、「錦糸町」にホテヘルがある。

Googleで検索した結果

例えば、Googleで「ホテヘル」を検索してみた場合

東京以外の場合、大阪は「梅田」、「難波」、「日本橋」といった場所だ。他にも、デリヘルやファッションヘルス店が、「待ち合わせ」というオプションでホテヘルに似た形態を取ることもあるが、ごく稀である。

ホテヘルの料金体系

次に、ホテヘルの料金について。基本的には「デリヘルと同じ感覚」と思ってもらって良い。大体相場は、60分で20,000円前後といったところだろう。「高級」デリヘルのように、やたら高額なホテヘル店はこの世に存在しない。

注意してもらいたいのは、プレイするために払う料金以外に、「ホテル(またはプレイルーム)の部屋代」が別途必要ということだ。これから解説するように、大抵のホテヘル店は安価なラブホやプレイルームと提携している。その為、お店が紹介してくれるような部屋を使えば、安く済ませられる。おおよそ、3,000円程度だったりする。

ホテヘルの魅力

ホテヘルとデリヘルの差は、「リアルな店舗で受付をするかどうか?」である。「じゃあ、デリヘルで良くない?」と思われるかもしれない。確かに、筆者もそう思う時がある。

とはいえ、ホテヘルには「実店舗で受付をする」ことゆえの良さがある。例えば、以下の点だ。

  • HPではボカシが入っている女の子の写真が、ボカシ無しで見られる(ところもある)
  • デリヘルのように事前に電話をしなくてよい
  • 「すぐ行ける娘」なら、受付をしてから短時間でプレイを開始出来る
  • お金を、実店舗の店員さんが管理するので比較的安心かも(デリヘルでは女の子にお金を支払う場合が多い。とはいえ、それが原因のトラブルは、めったに起きないが)

ホテヘルの近くには、当然「ラブホテル」や「プレイルーム」がたくさんある。わざわざ部屋を探すまでもないのだ。慣れてしまえば、ホテヘルは「楽な気持ちで」利用できる風俗ジャンルと言えよう。

ホテヘルを利用する流れ

では、いよいよ、ホテヘルを利用する流れを説明する。

受付をする

はじめに、店舗で受付をしよう。ホテヘルは雑居ビルの一角に受付を構えていることが多い。また、ひとつのフロアに複数の店舗が軒を連ねている場合もある。最初はその光景に、「ちょっとビビる」かもしれないが、襲われるわけではないので、安心しよう。

「写真見たいんですが…」と店員さんに尋ねれば、「今日行ける」女の子の写真を、ズラッとテーブルの上に並べてくれる。ホームページの写真と比べて、ボカシが少ない、またはボカシが無いこともある。この、写真をじっくり吟味する瞬間がホテヘルの醍醐味だ。楽しんでもらいたい。

女の子の写真を吟味する

気に入った娘がいたら、「すぐ行けるかどうか?」、「待ち時間はどのくらいなのか?」を聞こう。人気な嬢は、既に予約で埋まっているケースもある。その場合は諦めて、次回へ回そう。

遊ぶ嬢が決まると、プレイするコースを選択する。最初のうちは「45分〜60分」の間くらいで、短い時間をチョイスしよう。失敗をした時の被害(時間)を最小限に抑えることが出来る。

店舗によっては、特に指定がない場合、店員さんがホテルもしくはプレイルームを予約してくれる場合がある。あなたが初心者なら、お任せしてしまうのが楽だ。すると「何時にXXXというホテルへ行ってください」と、メモが書かれた紙キレを渡される。裏にホテルマップが書いてあったりして、便利だ。

女の子、コース、利用するホテル、が決定するとお会計となる。財布からお金をだして、店員さんに渡そう。ところによれば、クレジットカード決済が出来る店舗もある。嫁や彼女がいなければ、カードを使うのも良いだろう。

ラブホテルやプレイルームに入室する

「すぐ行ける」と言われれば、受付を出てすぐに。待ち時間がある場合は、指定された時間に、ホテルへ向かおう。ホテヘルの店員が予約してくれたホテルの場合、メモ書きを渡したり、名前(偽名も可)を名乗れば、「どういう状況か」真っ先に分かってくれる。お気に入りのホテルを選んだのなら、いつも通り入室すれば良い。

部屋に入ったら、ホテヘルの店に「入室した」件を電話で連絡する。部屋番号を伝えると、「女の子到着までお待ち下さい」と言われることだろう。

女の子と対面、プレイ

店に在籍する女の子達は、店舗や入室したホテルのすぐ近くの待機所でスタンバっているので、入室の連絡後、かなり早くやってくる。なので、心の準備をしておくように。

扉を開けて、嬢と対面したら、プレイとなる。時間まで存分に楽しもう。

部屋を出て、お別れ

「風俗タイマー」が鳴ると、嬢と一緒にシャワーを浴びて、プレイが終了する。

風俗タイマー

ホテルの部屋を二人で出る。正面玄関辺りまで来ると、嬢から「ありがとうございました」とお別れの挨拶を切り出される。そう、ラブホの玄関こそが彼女達にとっての「別れの場」なのである。名残惜しさはあるかもしれないが、さわやかにさよならしよう。

以上で、「ホテヘルでの遊び」が終了となる。

ホテヘルで遊んでみよう!

いくら丁寧に解説したとはいえ、利用方法が分かりにくいホテヘルであるが、体験してみれば勝手がすぐ分かる。「ホテヘルの近くにいるよ!」というあなた。もし、風俗初心者だっとしても、利用する価値があるだろう。本記事を参考に、ホテヘルで遊んでみていただきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。