デリヘル嬢が来る前に準備する10個の事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
洗面所

デリヘルで女の子を予約し、早めにホテルに入室。「うわ〜どんな娘来るかな〜」、「今日はどう攻めるかな〜」と期待に胸を膨らませる… そんなデリヘル嬢が来る前は楽しいひとときであるが、準備しておきたいこともいくつかある。お金を払って遊ぶ限られた時間だ(それは60分だったり、90分だったり、120分だったり…)。どうせなら、気分を高め、女の子にも気に入られ、最高の時間を過ごそうじゃないか。今回は、そのために筆者が実践している10個の準備事項を紹介する。

以下の10項目は、筆者がデリヘルを呼ぶ際に必ず行う準備だ。参考にしてもらいたい。

1. 嬢のプロフィールを再確認

まずはもう一度、指名した女の子のプロフィールをホームページで再度チェックする。特に嬢の名前(もちろん源氏名)は何度も見返す。あとで、会話をする時に、嬢のことを「XXXちゃんは〜」と名前でしっかり呼んであげた方が、やはり相手も嬉しいだろう。注意すべきは、例えば「あ」から始まる名前の風俗嬢が多いこと。「あや」、「あやか」、「あやね」、「あやの」…など、「あれ?どれだっけな?」と間違えやすい。なので、間違えずに覚えておくことと。でも、間違えた場合はちゃんと謝ろう。もしかして、その娘はよく間違われるかもしれないし。

風俗嬢のプロフィールを再確認

また、あえて会話で切り出さずとも、嬢の「趣味」、「特技」、「出身地」、「得意なプレイ」なども確認しておく。これらの情報は店員さんが適当に書いたバッタモンの情報かもしれないが、会話の流れで「本当っぽい!」と分かったら役に立つだろう。

2. 水を確保する

デリヘル嬢とのプレイは受けるも攻めるも体力を使う。汗をかく。そして、スペルマも出る。身体から水分が排出されるわけだから、給水をした方が良いだろう。ペットボトルの水を、いつでも飲めるように確保しておく。

ホテルによってはサービスで部屋の冷蔵庫に入っている場合もある。そうでない時は、事前にコンビニや自販機などで購入しておこう。ちなみに、自分で飲むだけではなく「女の子用の」水も買う、というテクニックがあるのだが、筆者はやっていない。デリヘルの娘は大抵、自分で好みのドリンクを持参してくるからだ。

水を飲み過ぎて、プレイ途中に尿意をもよおさないように注意したい。

3. ファブリーズをする

女の子は匂いに敏感だ。大抵のラブホにはファブリーズ、もしくはリセッシュがクローゼットの近くに置いてある。脱いだ上着などにシュッシュと振りかけておこう。

ファブリーズ

4. ラブホの備品とソファーを整理する

ラブホの部屋に入室すると、気になるのが、テーブルに置かれた灰皿、ライター、リモコン、フードメニュー表である。これらは果たしてペッティングに必要だろうか?答えはもちろんNOだ。テレビのサイドボード脇などにまとめて片付けておこう。

また、もしも「ソファープレイ」という荒業にチャレンジしたければ、「ソファーの位置」と「ソファーとテーブルの距離」、「ソファーに載せたクッションの場所」を微調整しよう。ちなみに、即即でのソファープレイはマジ燃えるぞ!

5. 歯磨きをする

必ず、歯磨きをしておく。これはデリヘル嬢に対する最低限のマナーだ。上記した通り、女の子は匂いに敏感だし、キスをする時に「歯に挟まったネギ」を発見されたくはない。

歯ブラシ

6. 部屋の明るさを調整する

ベッドの上のパネルを操作して、部屋の明るさを「暗め」にしておく。女の子とのムーディーな雰囲気を、最初から作っておくという作戦だ。ちなみに筆者は、部屋に流れる有線放送も、テレビの番組もすべてOFFにする。なるべくなら換気扇も切る。嬢との二人だけの空間。彼女の喘ぎ声はノイズ無しで聴きたいものだ。

7. マウスウォッシュをする

歯磨きに加えて、マウスウォッシュをしよう。ラブホの洗面所には「モンダミン」的な「お口クチュクチュ」して、口内を綺麗にしてくれる液体がおいてある。必ず、30回以上クチュクチュしてから、ゆすごう。これだけしておけば、心置きなくディープキスができるに違いない。

8. マッサージチェアーに座る

ハイクラスなホテル、値段の高い部屋にはマッサージチェアーがデカデカと置かれていたりする。嬢が来るまでに時間が余れば、マッサージチェアーに座り、マッサージしながら身体をほぐそう。嬢が来たら、もっと気持ちの良いマッサージが出来ると信じて。

9. 玄関の靴とスリッパを整える

デリヘル嬢が部屋に来る直前。つまり、部屋の呼び鈴がなった後、ドアを開ける前で良いので、玄関の(自分の)靴と(嬢が履く)スリッパの向きを揃えよう。女の子は細かい気遣いに好感を持つ。嬢と対面したら、彼女が持っているカバン(通称風俗バッグ)を持ってあげるのもいいだろう。筆者はそれで「優しいですね…」と何度も褒めらた。

10. シャワーを浴びて部屋着に着替える

これは上級テクニックである。

通常、デリヘルは「女の子と一緒にシャワーを浴びる」のが通例になっている。シャワーの際に、嬢からイソジンをもらい、うがいをし、特殊なソープで陰部を消毒される。つまり、一緒にシャワーを浴びることは、店や嬢側にとって「お客さんの身体は清潔である」ことを確認する意味がある。

それをあえてしない。嬢が来る前に、自分だけシャワーに入っておく。

シャワー

本指名をして仲が良くなった嬢や、(そういうことに)寛容な女の子なら通用する。そして、このテクニックには2つの利点がある。

一つには、「嬢がシャワーを浴びなくてよい」場合、時間の短縮になる件だ。もし、自分の前に客が入っていた場合、嬢はシャワーを浴びているはずなので、この「時短」が成立する。

もう一つは、上記したソファープレイを狙う、という意味だ。もし、嬢と一緒にシャワーを浴びる場合、「対面してから会話が盛り上がった」タイミングで、シャワーを浴びることとなる。シャワーを浴びる行為は場合によっては会話の流れを遮断し、事務的な雰囲気になりかねない。両者とも「シャワーを浴びなくてよい」となると、ソファーに二人で座りながら、会話が盛り上がり、その勢いで!プレイを開始出来る。

繰り返すが「ソファープレイ」は燃える。

デリヘル嬢を待つ間にすること、まとめ

以上、筆者が実践している、デリヘル嬢を待つ間、ラブホの部屋で行う準備について、10個を紹介した。限られた嬢との時間を楽しく過ごすために、しっかりと準備をしてもらいたい。デリヘルにおける風俗体験は、ホテルに入室した時点で始まっているのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。